シェフ 小林圭(こばやし けい)

 長野県生まれ。長野で料理人として第一歩を踏み出し、次いで東京へ。東京のフランス料理店に勤務する間に本場で学びたくなり、渡仏。フランスでは地方の豊かさを知ろうと、南仏やアルザス地方の有名レストランを回る。そしてパリへ行き、世界的なシェフ、アラン・デュカス氏の レストラン「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ」に職を得て7年間働く。この間最後の4年はスーシェフであった。2011年3月に自分のレストランをオープン。

『「アラン・デュカス」での日々は、フランスの最高級ガストロノミー料理をしっかり学べるまたとない機会でした。3つ星レストランで失敗は許されません。お客様の目も肥えています。最高級の食材を揃え、完璧な料理に仕上げてお出しするのが絶対条件です。あそこでは調理の技術の他に、食材の見極める目を養いました。そして生産者とのつきあい方、厨房を料理人たちをいかにオーガナイズするかといった、料理以外のシェフとして必要なことも学ぶことが出来ました』
1993-1998      フランス料理の料理人として働き始める(長野、東京)
1999-2003      フランスの各地のレストランで働く。
                        Auberge du Vieux Puits à Fontjoncouse (3つ星)
                        オーベルジュ・デュ・ヴュー・ピュイ/フォンジョンクーズ、
                        ラングドック・ルシヨン地方
                        Le Prieuré à Villeneuve-lès-Avignon(1つ星)
                        ル・プリウレ/ヴィルヌーヴ・レ・アヴィニョン,プロヴァンス地方 
                        Le Cerf à Marlenheim (2つ星)
                        ル・セルフ/マルレンアイム、 アルザス地方
2003-2010 Restaurant Alain Ducasse au Plaza Athénée
                    アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ/パリ(3つ星)
                       シェフはジャン=フランソワ・ピエージュ,次いでクリストフ・モレ
2011              Restaurant Kei レストラン・ケイ/パリ オープン